居場所づくりサミット in 滋賀 の開催ご案内

幸重忠孝さん、宮田隼さんをお招きして”居場所づくり”について皆さんと考えたいと思います。

日時:2019年1月20日(日)
場所:彦根勤労福祉会館(滋賀県彦根市)
定員:講演会40名、交流会20名(先着順) 託児なし
 ※参加希望の方は wacca235@gmail.comまでタイトルを【居場所づくりサミット参加希望】としてメールをお送りください。

 

  詳しくは、その後のメールでやりとりさせていただきます。
 ※交流会は講演会の参加者を優先させていただきます。
チケット:1日券1,500円 交流会2,000円
 ※お支払いは当日会場にて

プログラム:
12:30~13:30 幸重忠孝さん「幸重社会福祉士事務所」https://yukishige.jp
13:40~14:30 宮田隼さん コミュニティハウス「ひとのま」https://hitonoma.net
14:40~15:20 柳生のびさん、青木明香さん、振角大祐さん「わっか」https://bouken-asobiba.jimdo.com/
15:30~16:15 質問・意見交換
17:00~20:00 交流会(別会場:会場より徒歩5分)

【講演者ご紹介】②
宮田隼さん
大学卒業後、愛知県にて教育関連企業に就職。そこで不登校やひきこもりの問題に直面する。
その後、その問題を中心に取り組むことを決め、富山県にて学習塾「寺子屋みやた」を創業。翌年、不登校・ひきこもりのフリースクール「ひとのま学園」をスタート。
その翌年、誰もが気軽に使える一軒家、「コミュニティハウスひとのま」をスタート。
特に「誰のための居場所」ということでなく、場所をあけており、使いたい方はご自由にどうぞという感じです。
ただ場所を開けているだけですが、所謂、社会問題と呼ばれるものもたくさん集まります。それらを1人で抱え込むのではなく誰かと考えられる場所であれたらなあと思います。

・番組ご紹介
ETV特集 ひとのま ある一軒家に集う人々
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259581/index.html
(動画はYoutubeなどに上がっています。)

・著書ご紹介
くらしと教育をつなぐWe
http://www.femix.co.jp/index.html

【講演者ご紹介】①
幸重忠孝さん

1973年生まれ、岡山出身。児童養護施設職員、大学教員を経て滋賀県教育委員会のスクールソーシャルワーカーとして小中学校で福祉課題に対応している。
2009年NPO法人山科醍醐こどものひろば理事長(2012年まで)に就任し、夕刻を支える夜の子どもの居場所づくりをはじめる。
現在は大津市にNPO法人 こどもソーシャルワークセンターを設立し、子ども若者の居場所活動を行うと同時に滋賀県内で地域ボランィアによる夜の子どもの居場所、子ども食堂づくりやその運営支援を行っている。
龍谷大学非常勤講師。主な著書『まちの子どもソーシャルワーク』かもがわ出版(2018) がある。

・ご出演番組紹介
★NHK地域づくりアーカイブスより
「ひとりぼっちのいない町へ 居場所づくりは“あるもの”を生かせ」
https://www.nhk.or.jp/chiiki/movie/?das_id=D0015010579_00000
★配信動画が放送された番組はこちら
「地域魅力化ドキュメント ふるさとグングン! ひとりぼっちのいない町(2017年4月30日放送)」
http://www.nhk.or.jp/chiiki/program/170430.html

・著書ご紹介
まちの子どもソーシャルワーク
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ma/0924.html
子どもたちとつくる貧困とひとりぼっちのないまち
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ka/0582.html